人気のダイエット法

記録ノート

急激な変化は危険

低炭水化物ダイエットもしくは糖質制限ダイエットと呼ばれるダイエット方法が、関心を集めています。この低炭水化物ダイエットは正しい方法で行うことが出来れば、理にかなったダイエット法であると言える方法ですが、間違った方法で行うと、危険を伴う可能性がある方法であるとも言われています。まず、炭水化物は糖質と食物繊維の事を指します。そのため、低炭水化物ダイエットと糖質制限ダイエットは同じように考えられています。なお、いずれの方法も炭水化物を全く摂らないという方法ではないということを理解する必要があります。炭水化物・糖質の量を制限する方法ですが、急激に減らすのではなく徐々に減らしていくということがポイントとなります。

我慢の少ないダイエット

人は食事から様々な栄養素を摂取しています。その中でも最も多くの割合を占めているのが、炭水化物もしくは糖質です。そのカロリーは一日の食事のカロリーの5割以上であるとも言われています。そのため、炭水化物を減らすことにより、摂取カロリーを少なくすることが出来ますので、短期間で効果を得ることが出来ます。そして、炭水化物を摂取すると、血糖値が上昇します。血糖値の急激な上昇は、脂肪をつきやすくするとされています。そして、時間の経過とともに上昇した血糖値は急降下し、食欲が湧く原因となります。低炭水化物ダイエットでは、血糖値の急上昇・急降下を防ぐことで、余計な食欲が湧くのを防ぐことが出来ます。つまり、空腹感に耐える必要もなくなるというわけです。